記事

2018/12/18 13:27

天国の近くにね、虹の橋っていう場所があるの・・

あなたとの日々、楽しかったなあ。
悲しいお別れの後、わたしは虹の橋へ来たんだよ。
ここはね、草原や丘があって、
動物たちが仲良く走り回って遊ぶんだ。
たくさんのおいしいごはんと水があって、
天気も良くて快適だよ。
ここではケガ、病気、老いはなくなって
健康で元気になるの。

何の苦しみもなくて幸せなんだ。
ただし一つのことを除いては、ね。


わたしを可愛がってくれたあなたがいない・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その日は突然やって来た。
いつものようにみんなと遊んでいたら・・

あっ!

わたしは目を見開いた。
体は震えだしてグループから抜けて突然走り始める。
草の上を飛ぶようにものすごい勢いで走ったよ。
遠くにあなたを見つけたんだ!

あなたは駆け寄ってわたしを抱きしめてくれた。
頭を撫でてくれた。
わたしはもう、うれしくてしょうがない。
夢中であなたにすり寄ったよ。

お互い見つめ合ったんだ。
もう決して離れないってわかっている。
久しぶりに会ったけれど、
以前と同じ絆で結ばれている。
さあ、これから一緒に虹の橋を渡って天国へ行こう。
虹の橋ポエム の 英文
Just this side of heaven is a place called Rainbow Bridge.
When an animal dies that has been especially close to someone here,
 that pet goes to Rainbow Bridge.
There are meadows and hills for all of our special friends
 so they can run and play together.
There is plenty of food, water and sunshine, and our friends are warm and comfortable.
All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor.
Those who were hurt or maimed are made whole and strong again,
just as we remember them in our dreams of days and times gone by.
The animals are happy and content, except for one small thing;
they each miss someone very special to them, who had to be left behind.
They all run and play together,
but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.
 His bright eyes are intent.
His eager body quivers. Suddenly he begins to run from the group,
flying over the green grass, his legs carrying him faster and faster.
You have been spotted, and when you and your special friend finally meet,
you cling together in joyous reunion, never to be parted again.
The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head,
and you look once more into the trusting eyes of your pet,
so long gone from your life but never absent from your heart.
Then you cross Rainbow Bridge together....

ペットを亡くした人が感情移入できる物語です。動物主観で超訳してみました。
作者不詳で約20年前、アメリカから広まったようです。
日本でもいろいろなサイトで見かけます。
私も猫が亡くなって初めて虹の橋をネットで知りました。
ネットのおかげで広まった文化ですね。
当ホームページに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。

[事務所]〒301-0034 茨城県龍ケ崎市小通幸谷町345-2 
[アトリエ]〒870-0831 大分県大分市要町5-5-1210号
E-mail:mail@cat.niji.red